2007年までの木の花農場の様子を紹介しています。


by konohana-farm
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

小ぶりでも“のり”は十分です

12月2日より収穫を始めて今日で4日め、養鶏場の横の畑も大詰めです。
a0102013_145718.jpg

今年は聖高原開発公社の加工所にお勤めの若いお嫁さん達にも手伝っていただきました。やはり若い方々は野沢菜取りは初めてとのことです。なれない仕事ですが、皆さん頑張ってくださいました。日本の農業の未来も少しは明るい?
a0102013_14571052.jpg

野沢菜の出来栄えを確かめるボランティアの安藤さん。さすが3年目、手馴れたものです。今年はご覧のとおり、小さくて短いのです。「11月の低温も問題だったが、もっと間引きをするべきだったのではないか?それにしても農業はあらゆる知恵を必要とするすごい仕事である」と農業の大変さをしみじみ感じ入っていらっしゃいました。
a0102013_14572099.jpg

「小さいので収穫も大変だが、『のり』は充分にあっておいしい」と、嬉しそうに最後の一列を刈る社長。
a0102013_14573194.jpg

[PR]
by konohana-farm | 2002-12-06 14:56 | 聖高原野沢菜便り